ぶなしめじで便秘対策

ぶなしめじで便秘対策

ぶなしめじで便秘対策ができるのは、食物繊維を豊富に含んでいるためです。
食物繊維の量はさつまいもとほぼ同量であるため、便秘改善に向いている食材の代表例と言えるでしょう。
独特の旨味は、アミノ酸の一種グルタミン酸、リジンなどを含んでいることによるもので、特徴的な味となっています。
ぶなしめじの名前の由来はブナの枯れ木、倒木から発生することで、キシメジ科シロタモギタケ属に属しているキノコです。
旨味と苦味があり、歯応えがあるのが特徴で、ほんしめじと良く似た特徴を持つことから、ほんしめじと混同されやすいというデメリットがあります。
一時期ぶなしめじをほんしめじという商品名で販売していたことから、消費者の誤解と混乱を招いてしまいました。
結局消費者団体からの抗議を受けて、ぶなしめじとほんしめじで和名(商品名)を完全に分けていますが、まだ誤解している人が多くいます。
調理する時のコツは、水洗いはあまりしないこと、汚れが気になる時は軽く叩くようにして払い落とすことです。
もし水をつけてしまった時はすぐにふき取ってしまい、出来るだけ水気を避けて扱うのがコツです。
豊富な食物繊維による便秘対策のほかに、抗腫瘍作用、抗酸化作用、抗アレルギー作用などの健康維持の機能を持っています。
カリウムが高血圧予防と整腸作用を持つため、食物繊維と共に便秘対策に役立つ成分が豊富ということになります。
またビタミンDがカルシウム吸収を促し、ナイアシンが血行を促進することが分かっています。
単純に美味しいだけでなく、こうした健康面での効果が研究されたことで、ぶなしめじの再評価がなされています。
そのため消費が徐々に拡大しつつあり、地方によってはぶなしめじを入手しにくいこともあります。
保存する時はラップに包んで外気に触れないようにするか、密閉容器に入れて冷蔵庫に保存しておきましょう。
購入した時にパックに入ったままであれば、そのまま冷蔵庫に保存しましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする