ブルーベリーで便秘対策

ブルーベリーで便秘対策

ブルーベリーで便秘対策が出来ることは意外と知られておらず、目に良い効果があるということの方が注目されている状態です。
便秘対策には食物繊維を摂取することが近道であり、果物で言えばブルーベリーよりもバナナの方が有名です。
楽に食べられること、何より果物の中では比較的安く購入できるということで、便秘対策の果物としてはバナナが有名になっています。
しかしブルーベリーの食物繊維含有量は100グラムあたり4.54グラムであり、バナナの2.5倍ほどです。
バナナよりも少ない量で、充分な食物繊維を確保出来るのは、充分魅力あることです。
因みに1日あたりの食物繊維の必要量は25グラムなので、ブルーベリーを500グラムから500グラム食べれば、必要量を充分満たすことが可能です。
もちろんブルーベリーの他に野菜を食べることを考えれば、もう少し少ない量で済むかもしれません。
何よりブルーベリーには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれているという特徴があります。
つまりブルーベリーを食べると、消化器官の中で吸収されずに、必ず小腸まで届くようになるのが特性というわけです。
小腸まで食物繊維が届くということは、糖分やコレステロールが小腸に吸収されるのを防ぐ効果が期待できます。
健康に害のある物質が作られることもないため、単純に健康効果が期待できるのがブルーベリーというわけです。
また生のブルーベリーに飽きてしまった場合は、ドライブルーベリーを利用して便秘対策に当てるという方法もあります。
天然のブルーベリーを収穫できるシーズンは限られているため、ドライブルーベリーの方が現実的に入手しやすいという事情もあるでしょう。
生のブルーベリーだと扱いが面倒ですが、ドライブルーベリーなら扱いが楽で、時間をかけることなく食べることができます。
持ち運んで外出先で食べることができ、サプリメントの代わりにすることも可能なので、おやつ代わりにも出来ます。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする