ビタミンCと便秘の関係

ビタミンCと便秘の関係

ビタミンCと便秘の関係は、代表的なところで大腸を刺激してぜん動運動を促し、便通を改善させること、自律神経に作用することが挙げられます。
ビタミンCのほかにも、ビタミンE、B1、パントテン酸など、腸の働きを活性化させて、便秘に役立つのが各種ビタミンなのです。
中でもビタミンCはかなり直接的に便秘対策に役立つことから、便秘に悩む世の人々から重宝されるビタミン類として知られています。
1つめ、まずビタミンCは口から摂取し、大腸で分解されて吸収されて取り込まれていきます。
この分解の段階でガスを発生させるため、発生したガスが大腸を内側から刺激し、働きの鈍った大腸の働きを活性化させてくれます。
特にガスの刺激によってぜん動運動が活発になることから、直接的に便通を改善することが可能となっているのです。
2つめ、ビタミンCは硬くなって排出されにくくなった便を柔らかくする効果があり、長期間の頑固な便秘を改善することが可能です。
3つめ、ビタミンCは乳酸菌の栄養源でもあるため、腸内での善玉菌の勢力を強くしてくれるのです。
4つめ、ビタミンCが身体に吸収されると自律神経に作用して、ストレス耐性を高める効果があることから、便秘の原因がストレスだった場合に効果的です。
つまりそもそも便秘にならずに済む、既になっている場合は悪化せずに済みます。
自律神経に作用することで、新陳代謝を高める効果が期待できますし、腸内環境の改善を促すことも可能となります。
こうした大きく4つの効果によって、しつこく長引く便秘を改善する効果が期待できること、これがビタミンCと便秘の関係なのです。
また便秘を改善することによって、美容効果を間接的に生み出すこともでき、同時に美肌、美白効果が期待できるというメリットも重宝される理由となっています。
便秘に悩まされていなくても、積極的にビタミンCを摂取して決して損にはならないどころか、健康的に快適に日常生活を送ることが出来るでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする