ビタミンCとヨーグルトでの便秘対策

ビタミンCとヨーグルトでの便秘対策

ビタミンCとヨーグルトでの便秘対策には、軽い便秘だけでなくしつこく症状の思い便秘にも対応できるというメリットがあります。
ビタミンCは果物や野菜に含まれているビタミン類のことで、水溶性ビタミンに分類されており、人が体内で合成出来ない成分です。
そのためビタミンCを外部から摂取する、つまる果物や野菜を食べることで摂取しなくてはなりません。
ビタミンCが欠乏すると酷い時には壊血病を発症することもあり、逆に過剰摂取すると代謝しきれずに下痢を引き起こします。
ビタミンCの効果で代表的なものに、吸収されて大腸で分解される時にガスを発生させるというものがあります。
この時発生したガスが大腸を刺激して、ぜん動運動を活発にして便通を改善し、便秘対策につながるのです。
更にビタミンCは硬くなってしまった便を柔らかくする効果があるため、頑固な便秘に悩まされている人にお勧めとなっています。
同時に自律神経に作用して、便秘によるストレスに耐性をつける効果も期待できます。
もうひとつビタミンCは善玉菌である乳酸菌の栄養源になるというメリットがあるため、ヨーグルトと一緒に食べると乳酸菌の補給、および栄養源の補給になります。
乳酸菌の栄養といえばオリゴ糖が有名ですが、実はビタミンCも乳酸菌の栄養源となり得るのです。
注意点としてビタミンCは熱に弱いため、加熱調理には向いていないことを念頭におきましょう。
だからこそヨーグルトとの組み合わせが推奨されており、フルーツヨーグルトなどの方法で摂取することが望ましいのです。
こうしてビタミンCとヨーグルトの組み合わせにより、腸の動きが活発化し、健全な状態の腸へと戻してくれます。
何より嬉しいことに、ビタミンCには美肌効果があるため、便秘で肌荒れに悩んでいる女性にとって嬉しい成分となるのです。
特にメラニンの発生を抑制する効果に優れているため、便秘対策と同時に美白効果も期待することができるでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする