野菜だけ食べていてもいけない?

野菜だけ食べていてもいけない?

便秘解消の食べ物といえば、食物繊維が豊富に含まれる野菜類が良いと言われていますが、実際には、野菜だけの偏った食事で便秘が解消されるかというと、そういうわけではありません。
もちろん、食物繊維を多くとることで便のかさをまし、便を柔らかくすることができるという一面もあります。
しかし、食物繊維といっても不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。
野菜には不溶性食物繊維が含まれるものが多く、この不溶性食物繊維の場合、多くとりすぎると便の水分が不足したり、腸が過敏になってしまう痙攣性便秘になるなど、逆効果となる場合があります。
食物繊維でも水溶性食物繊維であれば、そういった副作用がないので、果物や海藻などの水溶性食物繊維が多く含まれている食品をとると良いでしょう。
ただ、果物には糖質が多く含まれるものが多いため、カロリーには注意しましょう。
また、便秘になる人の多くは、食物繊維が足りないのではなく、腸内環境があまり良くないことが原因である傾向にあります。
腸内環境を整えるには、乳酸菌の摂取がまず大切です。
次に、適度な水分や油分も必要です。
水分や油分が足りないと、硬い便になったり、腸が正常に機能しないためです。
また、野菜類を食べる際に塩やドレッシングの使いすぎも良くありません。
塩分を取りすぎると、水分が余計に足りなくなります。
このように、ダイエットや食物繊維のことを考えて野菜ばっかり食べていると、思わぬ逆効果となる場合があります。
まずは自分の便秘がどのような原因で便秘になっているか医療機関で診察してもらうことです。
その上で、栄養バランスの良い食事を取り、ヨーグルトやサプリメントなどを利用して、乳酸菌を摂取することで腸内環境の改善をはかれば、便秘を改善することにつながります。
人間の身体が正常に機能するためには、何といっても栄養バランスの取れた食事が大切です。
極端な食事は長い目で見ると身体によくありません。
便秘改善にしてもダイエットにしても、原因と対策をしっかり見極めることが必要です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする