一食抜くことの便秘への影響

一食抜くことの便秘への影響

人間の食生活は一日三食バランスよく食べることが良いとされています。
これは、必要な栄養素を規則正しく摂取することで、身体を健康に維持することができるようになっているためです。
中には、生活リズムの乱れや忙しさから、一日二食や一食の方がいますが、これは便秘になる可能性があります。
また、便秘の方で一日三食バランスよく食べていないのであれば、便秘が解消されにくい状態といえます。
人間の胃や腸は、食事をすることで動きが活発となり、便意が発生するようになっています。
そのため、一食抜くことはそれだけ腸に刺激を与える機会が減ります。
また、食物繊維や水分を摂取する機会も当然減るため、便が硬くなるなど、排便しにくい状態になります。
この状態が続くと、自然に腸の機能が低下し、排便しづらくなり、ついには便秘となります。
中には、下痢などの理由で一日何も食べないでいると、それがきっかけで便秘になる人もいるほどです。
便秘解消のためであれ、ダイエットのためであれ、食事は一日三食バランスよく食べることが大切です。
ただし、食べ過ぎた場合などは、次の食事を一食抜くことで、胃や腸の負担を減らし、消化がスムーズに進む場合もあるようです。
特に、胃や腸が弱っている状態では、いくら栄養バランスの良い食事や食物繊維の豊富な食事をしても、胃や腸がしっかりとそれらの栄養を活かすことができません。
急に一食抜いたからといってそれほど大きな影響が出るわけではないため、バランス調整のためにたまに一食抜くぐらいであれば大丈夫でしょう。
ただし、食事をして腸に刺激を送ることは大切なので、やはり前提としてはきちんと栄養バランスの良い食事を適度な量で摂取することが必要です。
どうしても食欲がなかったり、忙しくて食べる暇が無い場合でも、おにぎりやパン、栄養補助食品などを食べるだけでも胃や腸の動きは変わってきます。
そのような場合には、生活リズムの見直しから始めましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする