朝食抜きダイエットと便秘

朝食抜きダイエットと便秘

朝、時間がないことやダイエットのためと朝食を取らずに学校や会社に出かける人がいますが、ほとんどの人にとって、朝食抜きというのは良くない習慣です。
朝食を食べることは、眠っている間に休んでいた身体を目覚めさせてくれる効果があります。
噛むことは頭の目覚めにつながり、体内に食べ物を入れることは、胃や腸を動かすきっかけとなります。
朝食で摂取したエネルギーは午前中のエネルギーになります。
朝食を取らないと、身体がしっかり目覚めず、午前中活動するためのエネルギーを得ることが出来ません。
また、朝食によって腸が動かないと、便意が感じにくくなります。
便意が感じにくくなると、排便の習慣が不規則になるため、便秘になる可能性があります。
朝食抜きダイエットは、便秘への第一歩となる危険性があります。
起きてから水分を摂取をするだけでも腸は動き出しますが、朝食を取らないとあまり活発に動きません。
また、現在便秘で悩んでいる人であれば、朝食や水分を取らないと、より排便しづらい硬い便になってしまいます。
一方で、朝食を取ろうとするあまり、過剰に食べても今度は胃や腸に負荷がかかりすぎるため、あまり良くないようです。
どれぐらい食べるかというのは人にもよりますが、やはり腹八分目といわれるように、満腹になるほどは食べないほうが、身体にとって負担が少なくなります。
また、身体が活発に動き始めるタイミングでもあるため、消化のよいものを食べることも、便秘改善のためには良いでしょう。
最近の研究や実体験をした人の意見では、朝食を抜き、その代わりに水やコーヒーなどの水分を取るだけでも、便意が感じられ、排便がスムーズにできるという人もいます。
ただし、基本的には栄養バランスの良い朝食を食べるほうが、より健康的にダイエットすることができます。
ダイエットをするのであれば、一日三食バランスよく食べることと、適度な運動が不可欠です。
便秘になってしまっては、便が腸にたまってしまい、身体の調子が悪くなるため、ダイエットどころではなくなります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする