食事制限と便秘

食事制限と便秘

便秘になりがちの人に、ダイエットや健康などのために食事制限を行っている人が少なからずいます。
本来は、ダイエットや健康のためには運動や規則正しい生活、栄養バランスの取れた食事を取ることなどが必要ですが、忙しい人や運動が嫌い、苦手な人はどうしても食事制限を実行してしまいがちです。
食事制限をせず、栄養面を考えてダイエットをしていれば、腸が弱い、もともと便秘がちであるなどでなければ、便秘になることはほろんどありません。
しかしながら、食事制限、つまり食べる量を少なくしていては便秘になってしまいます。
排泄物は、腸の蠕動運動によって肛門へと送られます。
食事制限をしていると腸に送られる食べカスが少なくなるため、腸内の空間が多くなり、スムーズに便が送られなくなります。
また、食事が少ないと、腸の蠕動運動の機能が低下したり、消化の時間が長くなるなどの傾向があります。
そうなると、決まった時間に便意をもよおすことがなくなり、排便のリズムが崩れます。
食事制限によって便秘になったのであれば、食事の量を減らすのではなく、繊維質の多い食材を取り入れる食生活に変えることが効果的です。
そうすれば、食事制限でストレスを感じることもなく、健康的なダイエットになります。
腸内環境を整えることは、非常に大切です。
食事制限によって栄養バランスが崩れると、胃腸などといった消化器官のはたらきは鈍り、便秘になってしまいます。
量を減らすよりも、バランスの良い食生活を送りましょう。
また、少しでもやせようと思い、水分まで制限してしまう人がいます。
人間の身体の7割は水分で出来ており、水分の補給は生命の維持でもあるため、日常生活から水分を我慢していると、体調が崩れてしまいます。
排出物の水分量も減ってしまうため、便は硬くなって出にくくなり、便秘につながってしまいます。
ダイエット中は食事の量を抑えがちですが、便秘にならないように食材を工夫するなどして、健康的な食生活を送るようにしてください。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする