慢性便秘の対策には便意を感じることが重要

慢性便秘の対策には便意を感じることが重要

便秘は一時的になる人よりも、慢性便秘になる人のほうが非常に多くいます。
そもそも、何らかの原因により便秘になると、その原因が解消されない限り、常態化してしまい、慢性便秘となってしまいます。
慢性の便秘は、なかなか治りにくくつらいものです。
便秘を治すためにはまず、便意を感じなくてはなりません。
出かけるぎりぎりまで寝ていて朝食も食べず、トイレに行く間もなくあわてて出勤という生活を送っていると、慢性の習慣性便秘になりがちです。
便意は、15分ほど我慢していると消えてしまいます。
満足にトイレに行くことのできない日々が何日も続くうちに、便意の感じ方は鈍くなっていきます。
直腸に溜まった便は硬くなり、さらに出にくくなって慢性便秘になっていきます。
こうした慢性便秘を、分類すると習慣性便秘といいます。
この場合の対策としては、便意を起こすためにとにかく朝食をとるようにしましょう。
便意を感じたときには、すぐにトイレに行くことが大切です。
腹筋が弱かったり内臓が下垂ぎみだったりする体質の人は腸がたるみやすく、便意を感じる力や便を送り出す力が弱めです。
便意を感じないために、便秘になってしまうのです。
便秘を治そうとして下剤を使いすぎている人も、薬の刺激を受けなければ便意をもよおさなくなってしまいます。
こうした便秘は、慢性便秘の中でも弛緩性便秘と分類されます。
この場合の対策としては、腹筋を鍛えてください。
また、便の量を増やして腸の動きを良くするために、食物繊維を含む食品は積極的に食べることをおすすめします。
他にも、疲労やストレスなどによって大腸が過敏に反応し、便が通りにくくなり、便がとどまっている間に水分が吸収されてころころした硬い便になってしまう、けいれん性便秘があります。
この便秘の場合は、消化の良い食物を摂取し、腸の負荷を減らし、緊張をほぐしてやることが大切です。
慢性便秘にもタイプがあるため、それに応じた適切な対応をすることで、少しでも便秘を改善しましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする