下剤なしでは便意がない便秘

下剤なしでは便意がない便秘

便秘を一時的に解消する上で有効な手段の1つである下剤ですが、下剤はあくまでも一時的な手段です。
市販の便秘薬といえば下剤薬であることがほとんどですが、あくまでも強制的に腸に刺激を与えて排便をもよおさせるための薬であるため、出来れば利用しないで済むことが大切です。
下剤に頼り始めると、腸などの消化器官の動きが鈍くなり、便意を感じにくくなります。
その状態が続き、下剤を長期間利用していると、下剤なしでは便意が感じられなくなることもあります。
これは、下剤による腸への刺激に慣れてしまい、腸の機能が正常に働かなくなるためです。
こうなると、より多くの下剤による刺激を腸に与えないと、便意が感じられず、排便が非常に困難になります。
下剤は大きく分けて、腸を刺激して便意をもよおさせる「刺激性下剤」と、便を柔らかくしてかさを増やし、便意をもよおさせる「機械性下剤」の2種類があります。
「機械性下剤」もそうですが、「刺激性下剤」の場合、特に上記のような腸の機能の低下につながるため、出来るだけ利用しないことが大切です。
「機械性下剤」は、便に含まれる水分を増やし、柔らかくしてかさを増やすことを目的とする下剤であり、腸に与える刺激が少ないため、市販品の「刺激性下剤」比べ、医師が勧めることが多くあります。
一方で、中には便意がない理由が、食事の量が少ない場合があります。
ダイエットなどの理由によって、食事を制限するためです。
この場合、そもそも便となる食べ物のカスが少ないため、排便しづらいのも当然ですが、排便がないと便秘であると強迫観念に囚われている人にとっては、正常な判断が出来なくなっています。
そのため、下剤などに頼ってしまうのです。
下剤なしでは便意がない便秘になった場合、医師の指導による運動療法や食事療法によって腸の機能の回復を図ることが必要となります。
そこまでの事態に陥らないよう、下剤に頼り過ぎないようにしましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする