下剤の服用量が多すぎる便秘

下剤の服用量が多すぎる便秘

下剤は便秘に悩む人にとって排便を行うために役に立つ薬ですが、服用量が多すぎると、逆に害になってしまいます。
便秘を解消するために下剤を多く服用しすぎると、様々な悪影響が発生します。
まず、腸などの消化器官や肛門括約筋などの筋肉の働きが低下してしまうため、より便秘状態になってしまいます。
下剤は一時的な刺激により腸の運動を活発にさせるため、その時は排便が可能になることがほとんどですが、腸に与える刺激が強いため、腸に過度の負担がかかります。
また、下剤の服用量が多すぎると刺激が強すぎるため、腹痛を伴ってしまうことがあります。
他にも、下痢になってしまう、下剤なしでは排便できないなど、過剰な下剤の利用は身体に悪影響を発生させてしまいます。
排便に下剤が必要な状態は、下剤依存症といっても過言ではありません。
量の問題もそうですが、毎日のように飲んでいるのであれば、決して身体にとって良い状態ではありません。
もちろん、便秘の苦しみから逃れるために下剤を服用すること自体は、適切な使い方であれば問題となることは少なく、医師も勧める方法の1つですが、できれば使わずに済むに越したことはありません。
今服用量が多いのであれば、少しずつ服用量を減らしていく努力が必要です。
下剤の服用量を急激に減らすと、また便秘が再発することがほとんどのため、医師に相談しながら少しずつ減らしたり、刺激の弱い便秘薬に変更すると良いでしょう。
下剤によって弱った腸などの消化器官、肛門括約筋などを正常な状態まで回復するには、専門機関での治療を受けても長い期間が必要となります。
便秘がそこまでひどい状態になる前に、生活習慣を見直し、食物繊維、水分、ビタミンの多い食生活への改善や、朝食を取ること、適度な運動することなど、自分で出来ることから始めることが大切です。
今便秘に悩んでおり、下剤を飲んでもあまり効果が無い状態であれば、すぐにでも医療機関に相談することが解決の近道です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする