下剤の服用期間が長すぎる便秘

下剤の服用期間が長すぎる便秘

便秘解消の1つの手段として役に立つ下剤ですが、その一方でデメリットもあります。
下剤には習慣性があり、慣れてくると効果が弱まり、また利用する期間が長ければ長いほど、依存症になる傾向があります。
依存症と判断される基準はいくつかあり、下剤を服用しなければ排便できない場合や、下剤の常用期間が一年以上の場合、服用量がだんだん増えているのであれば、依存していると判断されます。
こうした下剤の服用期間が長い便秘の場合、腸などの消化器官や肛門括約筋などの機能の低下が見られます。
下剤による刺激に腸や肛門が慣れてしまい、下剤に頼ってしまうために、本来の機能を取り戻せなくなります。
もともと、便秘の人は腸の蠕動運動が少なかったり、肛門括約筋が弱いなどありますが、下剤に頼っている期間が長いとよりその傾向が顕著になります。
また、下剤を服用しなければ排便ができなくなると、便秘そのものもより症状が悪化します。
下剤の効果が低下してくるため、より強い下剤が必要となったり、量が多く必要となるため、余計に腸などの消化器官に負担がかかることになるという悪循環に陥ります。
また、下剤の長期間使用により、肛門が狭くなる肛門狭窄になる場合があります。
これは、肛門に炎症が生じることによって、肛門が狭い状態で固まってしまうことです。
こうなると、肛門の柔軟性を取り戻す保存療法や、症状がひどい場合には肛門形成手術を行う必要があります。
下剤によって一時的に便秘が改善できたとしても、それはあくまでも一時的なものです。
繰り返しの利用によって依存症になると、上記のような様々なデメリットが生じます。
そのためにも、下剤には出来るだけ頼らないで済むように、普段から便秘解消のための取り組みが必要です。
下剤の依存症から脱却するには、医師の指導に従い、下剤の種類を変えたり排便のトレーニングをするなどが必要になります。
また、腸内環境を整えるための食事なども必要になり、長い時間をかけて少しずつ回復させなければなりません。
便秘の原因を突き止め、解消することが、下剤の服用を止めるためには必要です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする