慢性化している便秘は原因も複合している?

慢性化している便秘は原因も複合している?

便秘に悩んでいる女性は大変多く、その数は女性の半数以上になるといわれています。
膨満感があったり肌荒れを起こしたり、人によっては頭痛を引き起こしてしまったりといったように、百害あって一利無しの存在です。
他にも、便秘が続くと腸でたまったガスが逆流し、口臭が臭くなったり、おならもひどい臭いになってしまいます。
便秘は、腸内環境の悪化や直腸の不調、ストレスや疲労などによる自律神経のバランスの乱れ、腸の蠕動運動能力の低下など、色々な原因がありますが、慢性化している便秘の場合、それら便秘の原因が複合している場合があります。
他にも便秘の原因としては、特に女性特有のホルモンや子宮の働きが便秘を引き起こすと言われており、さらに腹筋の弱さや運動不足、ダイエットなどあらゆる原因が考えられます。
こうした原因が複合することで、便秘の慢性化を引き起こしてしまいます。
中でも、特に便秘を慢性化させるもっとも大きな原因は、その生活習慣です。
遅めの起床時間に朝食抜き、トイレに行く時間もままならず、些細な便意も我慢してしまうような生活習慣では、生活リズムの乱れから排便のリズムが一定にならず、また朝食を抜くことは腸を目覚めさせることも出来ません。
このような生活習慣では、便が長く腸のなかにとどまり、水分を吸収することでさらに出にくい状況になります。
良い生活習慣として、時間に余裕をもって起床することできちんと朝食をとり、便意を感じたらすぐにトイレへ行くといった習慣を身につけることが大切です。
他にもストレスや過労によるもの、内臓が下がり気味な体質であること、下剤を使いすぎたことによる腸そのものの機能低下など、まさに人によって多くの原因が複合しており、千差万別といえます。
思い当たる原因があるのであれば、その原因を取り除く、もしくはその悪い影響を小さくするなどしなければ、便秘の改善はできません。
まずは自己の体質、生活習慣をよく見極めて、その原因に沿って1つ1つ適切に対処することが大切です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする