便秘ときつい衣類の関係

便秘ときつい衣類の関係

便秘の原因が、身に着けているものであることもあります。
体を締め付けるような衣類、たとえば補正下着などが便秘の大きな原因となることもあるのです。
身体の冷えは便秘を引き起こしますが、補正下着などきつい衣類を身につければ血行が悪くなり、身体を冷やしてしまうのです。
身体と共に気分が引き締まるなどの理由で、ベルトをきつく締める行為も身体にとっては負荷をかける行為です。
おしゃれをしたかったり、細く見せたいといってきつい下着を着けたり、タイトな服装を着たりして頑張る女性も少なくはないでしょう。
しかし、その行為が便秘や腰痛、姿勢の歪みに結び付いてしまいます。
きつい下着や服装で血管や内臓を圧迫すれば、自律神経も乱れます。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、副交感神経が有利に立てば、人はリラックスした状態です。
リラックスすれば副交感神経が良く働いて腸の動きは良くなります。
自律神経は快便をうながす大切な役割を持っているため、自律神経を乱すわけにはいきません。
きつい下着をつけていたら身体はリラックスできず、緊張したままです。
その上、身体を締め付けることにより血行が悪くなるため、冷えを招いてしまいます。
そうなると余計にリラックスできず、身体の調子が悪くなる一方なので、便秘になってしまいます。
血行を良くし、腸を動かすには、身体を楽に動かせる部屋着が一番でしょう。
しかし、仕事や外出に部屋着で出かけるわけにはいきません。
そんなときはせめて自分のサイズに合った下着や服を選ぶようにして、身体をなるべくしめつけないようにすることです。
また、家では部屋着やパジャマなどを着ることで身体的にも精神的にもリラックスさせることは、便秘にも、身体にとっても有効です。
冷え性からくる便秘や、ストレスからくる便秘であれば、そうした普段の服装を楽なものに変えるだけでも効果がある人もいます。
夏場の冷房や冬場の寒さなどは、服装も大切ですがカイロやひざ掛けなどを利用するなどの工夫も取り入れましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする