キムチで便秘対策?

キムチで便秘対策?

便秘解消には、整腸作用のあるビフィズス菌や乳酸菌が有効であることが知られており、その代表格であるヨーグルトは多くの人に利用されていますが、他にも色々あります。
その1つが、キムチです。
キムチは韓国の漬け物であり、日本でいうとぬか漬けのようなものです。
発酵食品であるために、腸内細菌の善玉菌や乳酸菌が豊富に含まれている食品でもあります。
キムチに含まれている乳酸菌は、その多くが植物性乳酸菌であるため、生きたままで腸まで届き、便秘に優れた効果を発揮します。
植物性乳酸菌と動物性乳酸菌では、植物性乳酸菌の方が腸に生きた状態で届きやすくなっているのです。
よく漬かっているキムチほど、乳酸菌はたくさん含まれています。
また、オキやエビ、イカなどの海産物が多く含まれているキムチも、乳酸菌がたくさん含まれています。
原材料表示の欄に記載されている原材料は、含まれている量が多い順に記載される決まりがあるため、海産物が最初のほうに記載されているキムチを選ぶようにしても良いでしょう。
ただ漠然と選ぶのではなく、こうした情報も参考にしてみると選ぶ楽しみが増えます。
キムチの味については、ある程度の辛味と、少し酸味があることが特徴です。
傷んでいるのではなく、発酵が進んでいるために酸っぱく感じられるのです。
お店で購入した場合には、賞味期限間際か少し過ぎたくらいのタイミングで食べる方が、便秘にはより優れた効果を期待することができます。
おすすめは、同じ発酵食品である納豆にキムチを混ぜて食べる「キムチ納豆」です。
納豆に含まれている納豆菌とキムチに含まれている乳酸菌や善玉菌の相乗効果によって、便秘に効果的です。
それから、キムチを熱して食べると特有の辛味が少し和らぎますから、食べやすくなります。
豚キムチなどといった炒め物にして、食べても良いでしょう。
ただ、キムチには唐辛子などといった刺激物も含まれていますから、大量に食べると反対に胃腸を傷めることもあり、注意しなければなりません。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする