おならの原因になる便秘の有害物質

おならの原因になる便秘の有害物質

人間の生理現象であるおならは、年齢や男女を問わず、誰でもするものですが、おならの量やにおいは人によって様々です。
そもそも、どのような違いによっておならに差がでるかというと、腸内環境の違いです。
まず、おならの成分は口や鼻から入る空気が90%で、残りの10%は腸内細菌が生成するガス成分であるといわれています。
この腸内細菌が生成するガス成分で、善玉菌と呼ばれる腸内細菌の場合は水溶性食物繊維を栄養源としており、その副産物として無臭の炭酸ガスを発生させますが、もう一方の悪玉菌と呼ばれる腸内細菌の場合は、未消化のタンパク質や脂肪分を栄養源としていますので、硫黄化合物やアミン、アンモニア、脂肪アルコール、アルデヒドなどという悪臭のにおい成分を生成します。
特に便秘の際は腸内で悪玉菌が優勢となっているため、強烈な悪臭となる場合が多く、その物質は先ほどの悪臭におい成分ですが、便秘ですと腸内に長時間に渡り食べ物が滞留している状態ですので、悪玉菌による発酵がどんどん進んでその結果ますます悪玉菌が増加してしまうことになります。
便秘の際には悪玉菌が生成した悪臭のにおい成分だけではなく、食物由来のにおい成分も混じっているために、特に不快なにおいのおならになってしまう傾向にあります。
このように、腸内に悪玉菌が多い状態では、便秘もおならのにおいもひどくなるという悪循環に陥ります。
この状態を解消するためには、悪玉菌を減らし、善玉菌を増加させることが優先です。
善玉菌と呼ばれている腸内細菌はビフィズス菌や乳酸菌で、一方の悪玉菌と呼ばれている腸内細菌は大腸菌やウェルシュ菌、クロストリジウム菌などがあります。
単に便秘を解消するためだけではなく、便秘で悪玉菌がガスを生成し、また悪玉菌も増加するという状態を防止するためにも、善玉菌を増やすための努力が必要です。
まず、未消化の食べ物が多い状態であれば、胃や腸の消化量に対して食べ過ぎの可能性もあるため、少し控えめにすることです。
腸の動きを整えるためには、消化の良いものや食物繊維が豊富に含まれるものが適しています。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする