おならがにおうときの状態

おならがにおうときの状態

おならは男性や女性に関わらず、健康な人は誰でもするものです。
おならは生理現象の一種ですが、便秘になるとおならのにおいは強烈に臭いものになります。
人前でおならをすることはエチケット上できないので、 そのおならを我慢したり、バスや電車といった乗り物の中でおならが出てしまうのではないかという恐怖症になってしまう女性も数多くいるといわれています。
このおならは我慢すると便秘が更に悪化したり、腹痛が起きたりしますので注意が必要です。
おならは呼吸や飲食物をとった時に、口や鼻を通して腸内に入る空気と、小腸下部や大腸に生息する腸内細菌の発酵によって生成されたガスの混合物によるものです。
そのため、おならのにおいは腸内細菌が生成する成分のにおいと、未消化の食べ物に由来するにおいが混じったにおいになり、大半が不快な悪臭です。
ただし、このガスを生成する腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌と呼ばれるものがあります。
善玉菌が優勢な腸内環境の持ち主のおならは、主に無臭の二酸化炭素が多いためあまりにおわないおならとなり、悪玉菌が優勢な腸内環境の持ち主のおならは悪臭のあるガスが多いため、不快な悪臭を持つものになります。
おならのにおいは、こうした腸内環境の差によって、大きく異なります。
特に便秘の時には、食べ物が腸の中に長時間滞留するので、そのために悪玉菌による発酵が進んでおならが臭くなってしまいます。
この悪玉菌による発酵が進むということは、このことによって更に悪玉菌が増加することにもなるのです。
つまり、便秘では悪玉菌が優勢な腸内環境となってしまうのです。
また、便秘が続くと、臭いおならのガス成分が血液に入り込み、呼吸と共に口から排泄されるようになる場合もあり、この場合の口臭はひどいものです。
このようなことから、便秘対策だけではなく、健康やエチケットのために日頃から善玉菌の優勢な腸内環境をつくることが大切になります。
栄養バランスの良い食事や整腸作用のあるビフィズス菌が多く含まれるヨーグルトやサプリメントを利用しましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする