便秘とシナモン

便秘とシナモン

シナモンはニッキ、肉桂とも呼ばれていて、昔から健康効果があることが知られており、日本では正倉院の宝物の漢方薬として保管されていたことも知られています。
熱帯の樹木であるニッキの樹皮を乾燥させたもので、料理やお菓子に利用したり、紅茶などに入れて飲んだりする、馴染みのあるものです。
シナモンには、いろいろな健康効果がありますが腸内がスの排出を促進したり、蠕動運動を促進する効果があるので便秘の解消にも有効です。
シナモンパウダーは市販されているので、日常の食事に取り入れることが簡単です。
便秘に悩んでいる人はシナモンパウダーを常備しておいて積極的に取り入れてみるとよいでしょう。
バナナやりんごなどの果物に直接振りかけて食べても美味しいし、プレーンヨーグルトに果物とともに混ぜても美味しく食べられます。
トーストに砂糖やホイップクリームとともに乗せて食べるシナモントーストは朝食に最適です。
また、コーヒー、紅茶、ワインなどの飲み物に振りかけて飲めば簡単です。
いずれの食べ方でも、瓶入りならば数回振りかける程度の約0.6グラム程度で充分です。
なお、糖尿病や高血圧で治療薬を服用している方は、薬との相互作用がある可能性があるので、医師に相談してからシナモンを利用するようにしてください。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする