便秘にりんごジュース

便秘にりんごジュース

りんごは昔から便秘解消に効果が大きいと言われていますが、りんごジュースにして飲んでも同じ効果があります。
りんごが便秘に効果がある理由は、豊富に含まれているペクチンの働きによるものです。
ペクチンは粘りのある物質で腸内の老廃物を取り去る働きと、ビフィズス菌などの善玉菌を増やして腸内環境をと整える働きがあります。
善玉菌が増えることで自然と悪玉菌が減っていくので、便秘になりにくい腸内環境に整えることができます。
特にペクチンはりんごの皮の部分に多く含まれているので、皮をつけたままでジュースにすると、充分なペクチンを摂取することができます。
りんごをそのまま食べるのも美味しいですが、ジュースならば体力がない時や疲れた時、食欲がない時でも飲むことができます。
自分でりんごを絞ってつくるフレッシュジューズがいちばん美味しいですが、季節によっては良いリンゴが入手しにくくなったり、価格が高くなったりします。
特に夏場は良いりんごが入手しにくいですが、市販のりんごジュースを飲んでもよいでしょう。
りんごジュースには濁ったタイプと透明なタイプがありますが、皮や食物繊維が豊富に含まれた、濁ったものが便秘には効果があります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする