便秘とペクチン

便秘とペクチン

便秘で悩んでいる日本人は多いと言われています。
便秘になってしまうのには、いろいろな原因がありますが、腸内環境の悪さが原因となっていることが多いようです。
腸内環境が悪いとは悪玉菌がビフィズス菌などの善玉菌よりも多くなっている環境です。
悪玉菌が生きていけないような善玉菌の多い環境をつくってやることで、解消することは多いのです。
そのために有効であるとされているひとつがペクチンです。
ペクチンは果物に多く含まれているものですが、特にりんごに含まれている水溶性ペクチンがよく、特に皮の部分に多く含まれているので、りんごを皮のまま食べるのがもっとも効果的です。
ジュースにして飲む場合には、食物繊維を摂るために漉さないで濁ったまま飲みます。
また、りんごよりも豊富なペクチンが含まれているのがプルーンです。
ドライプルーンを食べると、同じ量の生のりんごの5倍のペクチンが含まれています。
ペクチンには腸内環境を整える整腸作用のほかにも、摂りすぎたコレステロールや食品添加物を体外排出させる働きももっているので、生活習慣病の予防にもなります。
りんごから抽出したペクチンのサプリメントも市販されているので、果物が摂りにくい季節には併せて利用してもよいでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする