漢方薬を取り入れて便秘解消

漢方薬を取り入れて便秘解消

近年人気が高まっていている漢方。東洋医学の漢方は、症状を改善するというのではなく、原因を解明し、改善のために体質を改善していくという考えです。漢方は体質や症状によって違ってきます。便秘薬には、腸内環境を乱してしまうなどのリスクがありますが、漢方は体に負担をかけることがなく、体質を改善することができます。自然と排便ができる体質を作る効果が期待できるのです。最近は病院でも漢方を処方してくれるところもあるので、医師に相談してみましょう。また、漢方の専門医に相談するのもオススメです。自分に合った漢方を処方してくれるでしょう。

・熱タイプの便秘の傾向と漢方
体が熱い、口が渇きやすい、口臭を感じやすい、冷たいものがすきなどが当てはまる人は熱タイプといえます。熱タイプの便秘には三黄散(さんおうさん)が有効が有効といわれています。体の熱を取り除く効果もあり、便秘だけではなく、のぼせ似も効果的です。

・寒タイプの便秘の傾向と漢方
寒がり、手足が冷える、夜になるとトイレが近い、お腹が痛みやすく温めると治るなどに当てはまる人は寒タイプといえます。寒タイプには、桂枝加芍薬薬黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)が効果的のようです。体を内側から温めてくれる効果があり、腸の活動を活発にしてくれます。

・虚タイプの便秘の傾向と漢方
高齢であったり顔色がわるい、頭がふらつく、気分にムラがあるなどに当てはまる人は、。虚タイプといえます。おすすめの漢方薬が潤腸湯(じゅんちょうとう)です。

このようにタイプに合わせた漢方を取り入れることが大切です。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする