妊娠すると便秘になる?

妊娠すると便秘になる?

妊娠は体に大きな変化をもたらします。それによって、これまで快便だった人が便秘になってしまうこともあるようです。といってもすべての妊婦さんが便秘になるわけではありません。妊娠初期でいうと、4から5割の人が便秘に悩まされているようです。妊娠と便秘にはどんな関係があるのでしょうか。まずは、黄体ホルモンの増加が考えられます。妊娠すると黄体ホルモンが大量分泌されます。黄体ホルモンが増加することで、体にも変化が出てきて、これからの妊娠性活に備えたものとなっていきます。その変化のひとつで便秘になってしまうことがあるようです。妊娠初期は変化が強いので、便秘になりやすいようですが、体がある程度安定してくると、自然と便秘も解消されることが多いようです。

ただ、ホルモンだけが便秘の原因ではありません。妊娠すると、だんだんとお腹が大きくなってきます。子宮内で赤ちゃんが育っていくのです。そして大きくなるにつれて内臓を圧迫します。内臓が圧迫されることでぜん動運動が起こりにくくなってしまうのです。ぜん動運動がうまく起こらないと便がスムーズに運ばれないので便秘になってしまうのです。食物繊維をとったり無理のない運動や、水分補給を心掛けてみても便秘が改善されない場合には、産婦人科で相談してみましょう。妊婦さんでも安心して飲める便秘薬があるようです。自分の判断で市販の便秘薬を飲むのはやめましょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする