幼児の便秘の原因と解消法

幼児の便秘の原因と解消法

現代人は便秘の症状がある人が増加しているといわれています。それは大人だけではありません。子どもも便秘になる場合があります。子どもの便秘の原因は大人と同じようですが、子どもならではの原因も考えられます。保護者がしっかりと改善策を取ってあげることが大切です。

まず原因のひとつと考えられるのは、食生活です。これは大人の便秘にとっても大きな原因となっていますが、子どもの場合は大人とは少し味覚が違っています。小さい子供は、ピーマンが苦手な子が多いですよね。それも大人との味覚の違いがあるのです。小さいころは味覚がとても敏感といわれています。免疫機能などの問題からだといわれていますが、大人よりも敏感に苦味などを感じ取ってしまうのです。また、かむ力もあまり強くないので、硬いものよりも柔らかいものを好みます。ですから、野菜など食物繊維を多く含んでいて便秘予防に効果的なものでも苦手が生じてしまうのです。理論的のはそうですが、それで食べなくてもいいというわけではありません。食べられないのなら、食べられるように大人が工夫してあげましょう。固いものならぐつぐつと煮てスープにすると柔らかくなりますし、
苦手な野菜も細かく刻むと食べやすくなります。食べないから与えないのではなく、食べられるように工夫して食べさせることが大切です。

また、食事だけではなく、運動不足も便秘の原因となっています。最近は安全面から外で遊ぶ場所が減少していたり、一緒に外で遊ぶ友達がいないなどということもあり、運動不足の子どもが増えているようです。学校から帰ってきたら家の中でゲームをしたりテレビをみて過ごすという子どもが多いのではないでしょうか。排便をするには筋肉も必要ですし、運動による腸への刺激も大切です。幼児のうちというのは体の機能にとっても大切な時期です。この頃に運動の習慣がない場合、大人になっても運動をするという習慣が持ちにくくなります。小さいうちに積極的に運動をするようにしましょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする