便秘を改善する朝の習慣

便秘を改善する朝の習慣

便秘解消にはいろいろな方法が紹介されていますが、朝にちょっとした習慣を取り入れるだけで、改善ができるかもしれません。

まずは、朝起きたら冷たい水を1杯飲むこと。寝起きは、まだまだ体も寝ています。水を飲むことで、体が目覚めるスイッチとなるのです。スイッチが入ることで腸はぜん動運動をはじめ、便意を促してくれます。ぜん動運動が始まってから便意に発展するまで、20分から30分はかかるといわれているので、ゆっくりと家で排便ができるように、時間を持って行動をするといいでしょう。飲むものは冷たい牛乳でもOKです。牛乳には乳糖は含まれていて、腸を刺激する効果があります。また、水や牛乳でも効果が得られないという場合には、炭酸水を試してみましょう。炭酸が腸に刺激を与えるだけではなく、腸内で膨れ上がることでぜん動運動が促進されます。

そして、大切なのは朝食をとることです。最近は朝食をとらない人が増えていますが、それが便秘の原因になっているかもしれません。朝食をとることで胃腸が活動しますし、良くかむことで働きを促進させてくれます。パンでもいいのですが、お米には食物繊維が多いので、和食がオススメです。

そして、朝食後にはトイレに座りましょう。便意がなくてもとりあえず座るというのが大切です。朝食後は便意を感じやすくなっていますし、体の排便の準備を進めています。でなくても、毎日同じタイミングでトイレに座ることが大切なのです。そうする事で体が排泄リズムを作るので、自然と排便しやすくなるのです。

朝は忙しくてゆっくりと朝食をとったりトイレに座る時間がないという人もいますが、少し早起きをして、この習慣を取り入れてみませんか?

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする