オリゴ糖と便秘の関係

オリゴ糖と便秘の関係

母乳で育てられた子供は、ミルクで育てられたよりも善玉菌が多いという研究結果が出ているようです。その理由はオリゴ糖にあるようです。オリゴ糖が発見されたのは、母乳から。このオリゴ糖が便秘解消に効果的なのです。

オリゴ糖は善玉菌のえさとなり、善玉菌が活性化することによって腸内環境が整えられるのです。オリゴ糖のメリットは副作用が少ないということ。便秘薬は即効性があるのですが、腸内の善玉菌まで排泄してしまったり、強制的にぜん動運動を起こすので、体にダメージを与えてしまうこともあります。しかし、オリゴ糖は薬ではなく健康食品。ですから副作用の心配がないのです。便秘薬を使いたくないという人はもちろん、高齢者や赤ちゃんでも安心です。

また、オリゴ糖は手軽に取り入れることができるというメリットがあります。調味料感覚で使えるので、コーヒーに入れたり、料理に入れたりと、手軽に取り入れることができます。オリゴ糖を選ぶときには、純度の高いものを選ぶのがおすすめです。純度が低いと大腸に届く前に吸収されてしまいます。純度がほぼ100パーセントというオリゴ糖も販売されているので、純度をしっかりチャックしてから購入するようにしましょう。また、消化されにくいオリゴ糖を選ぶのも便秘解消に効果的なポイントです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする