乳酸菌と便秘解消

乳酸菌と便秘解消

ヨーグルトやチーズなどの乳製品、味噌、キムチなどの発酵食品に多く含まれている乳酸菌。この乳酸菌は便秘解消に良いといわれています。乳酸菌は人間の体内にも存在している菌で、善玉菌のひとつです。善玉菌が活性化することで、腸の動くが良くなり、便秘解消効果が期待できるのです。便秘や下痢を引き起こすということは、腸内環境が乱れているということになります。乳酸菌はそれを抑制し、機能を正しく働かせてくれる役割もあるのです。ただ、乳酸菌を食べ物から摂取した場合、胃液や胆汁によってほとんどが死滅してしまうといわれています。乳酸菌を生きたまま腸へ送り届けるには、サプリメントなどで取り入れるという方法もあります。便秘がなかなか解消されないという場合には、サプリメントを取り入れる事も考えてみるといいのではないでしょうか。

便秘はお腹が苦しいだけではなく、体にいろいろな悪影響を及ぼします。便秘にならないように予防をし、もしなってしまった場合には早めに改善することが大切です。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする