善玉菌と悪玉菌

善玉菌と悪玉菌

人間の体の中には大きく分けて3種類の菌がいます。善玉菌と悪玉菌とそれ以外の菌です。
善玉菌と悪玉菌は、便秘に大きく関係しています。善玉菌と悪玉菌の特徴をそれぞれ紹介します。

・善玉菌
ビフィズス菌や乳酸菌などが良く知られている善玉菌は、名前からもわかるとおり、体にとって良い働きをしてくれる腸内細菌です。食物繊維やヨーグルトなどをとることで活性化します。善玉菌の働きは、腸の運動を促進させてくれたり、有毒な成分を無力にしてくれる、ビタミンBの合成、免疫力の低下などがあります。腸の運動を促進してくれる効果などから、善玉菌が活性化することで、便秘解消効果が期待できます。

・悪玉菌
大腸菌やブドウ球菌などで知られるのが、悪玉菌です。悪玉菌は善玉菌と反対で、体に悪影響を及ぼす腸内細菌です。肉ばかりを食べていたり、不摂生な生活を送ることで活性化するといわれています。腸内は悪玉菌よりも善玉菌が多い状態が望ましいのですが、不摂生などで悪玉菌が増え、バランスが崩れてしまうと、便秘や肌荒れ、肩こり、体調不良などを引き起こしてしまうのです。また、悪玉菌が多い状態が長く続くことで、大腸がんのリスクも高まってしまいます。悪玉菌は、免疫力の低下や、腸内の老廃物を腐敗させて有害物質やガスを形成する働きがあり、体にとってはいいものではないようです。

ただ、全く悪玉菌が存在しないというのも腸内環境にとっては良くないようです。大切なのは善玉菌と悪玉菌のバランスなのです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする