腸内環境を整えて便秘解消

腸内環境を整えて便秘解消

便と腸。その関係はとても深く、便秘と腸内環境も密接な関係にあります。人間の腸内には100種類以上の腸内細菌が存在しているといわれています。数でいうと、100兆個といわれ、体にとって大きな影響を及ぼしています。腸内の菌を分けると大きく3種類に分けることができます。それは、善玉菌、悪玉菌、そのほかの菌です。悪玉菌よりも善玉菌が多いのが健康的な腸内環境と言えます。しかし、そのバランスは生活習慣や食生活、ストレスなどのちょっとした原因で崩れやすいもの。腸内で悪玉菌が増えると、便など老廃物の腐敗が進み、この腐敗のよって有毒ガスを発生させてしまいます。その有毒ガスが血流に乗って全身をめぐるので、代謝の低下や、肝臓、腎臓、心臓などにも影響を与えてしまい、生活習慣病の原因となってしまうこともあります。腸内の菌のバランスは、便秘だけではなく、体の健康にも大きな影響を及ぼすのです。

便秘を改善するためには、腸内環境を整えましょう。善玉菌として良く知られているのは、ビフィズス菌です。腸内環境を整えるのに、ビフィズス菌をどのように活性化させたらいいのかというと、食物繊維を多く取り入れることです。食物繊維は、善玉菌のえさとなり、便をやわらかくしてくれる働きもあります。また、ビフィズス菌などの善玉菌を取り入れる方法もあります。たとえばヨーグルトなど、善玉菌が含まれているものを積極的に取り入れてみましょう。そして、あまり知られていないかもしれませんが、梅干にも腸内環境を整えてくれる働きがあるようです。梅干を食べるとビフィズス菌が増加し、腸内環境を整えてくれます。疲労回復効果も期待できるので、疲れが気になる人にもオススメです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする