上手な水分補給の仕方

上手な水分補給の仕方

便秘の原因のひとつとして考えられる、水分不足。水分が不足してしまうことで便が硬くなり、排出しにくくなったり排出時に痛みを感じてしまうのです。健康的な便には80から90パーセントの水分が含まれているものです。便のほとんどは水分ということになるのです。便が硬くならないようにするためには、水分を補給し水分不足にならないことが大切です。

ただ、むやみに水分をとっても、便秘は改善されません。水分を補給しても余分な水分は汗や尿として排出されます。水分を補給しても意外と便には反映されないのです。便に反映させるには、食物繊維と一緒にとるのがオススメです。食物繊維は体のエネルギーにはなりません。しかし、体の中の老廃物をからめて排出してくれる効果があり、体にとって欠かせない栄養素なのです。また、水溶性食物繊維は、水分を多く含んだまま腸へ運ばれるので、便に水分を与え、柔らかくしてくれる効果があるのです。そして、不溶性食物繊維はというと、便の材料になったり、善玉菌のえさとなり、腸内環境を整えてくれます。

水溶性食物繊維は海草に多く含まれていて、不溶性食物繊維は、野菜や果物、キノコ類に多く含まれています。水分と一緒に食物繊維をとり、食事でも食物繊維を積極的に取り入れるようにしましょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする