便秘になるとお肌が荒れる理由

便秘になるとお肌が荒れる理由

便秘になるとお肌が荒れやすいという話を聞いた事がありませんか?ニキビや吹き出物ができたり、乾燥肌など、いろいろなお肌のトラブルが発生しやすくなります。しかし、便秘と肌荒れ、どんな関係があるのでしょうか?

それは、ターンオーバーと関係があるようです。ターンオーバーというのは、私たちのお肌が生まれ変わる周期のこと。だいたい28日ほどといわれていますが、常に新鮮なお肌でいるために、古い角質などをはがし、新しい細胞を生み出しているのです。これには代謝が大きく関係していて、代謝には血の流れが大切です。血行が良くないと、ターンオーバーがうまくいかなくなってしまいます。便秘になると、体の中に老廃物や毒素が発生します。老廃物や毒素は体の中にたまっていると有害なガスを発生させます。そしてそのガスが血液に乗って体中を回ってしまうのです。そうなると、血液はドロドロになり、血流は悪くなります。血流が悪くなると代謝が悪くなり、ターンオーバーが乱れてしまうというわけです。ターンオーバーが正常におこなわれないと、古い角質や細胞などがお肌に残り、肌荒れの原因となってしまうのです。

こうなってしまうと、いくら高いスキンケアでケアをしても、お肌は改善しにくいでしょう。まずは便秘から解消することがオススメです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする