ほうじ茶で便秘対策

ほうじ茶で便秘対策

ハーブティ、水、ミネラルウォーターなど、便秘対策によいとされる飲み物はたくさんあります。
しかし、実は、ほうじ茶でも便秘対策ができます。
水分補給を心がけるという面や、老廃物を排出する効果、食物繊維が豊富と言う面からほうじ茶はとても役立ってくれるのです。
ほうじ茶は、便秘解消としても穏やかな作用なので、毎日の飲み物としてたくさんの量を飲んでも大丈夫です。
ほうじ茶であれば毎日のお茶を変えるだけのうえ、水分を意識して多く摂るということはお通じを良くする働きがありますから、ほうじ茶を使った便秘解消は続けやすくまた意外に効果的なのです。
カフェインが少なめですから刺激が弱く、大人用のものを薄めてあげれば赤ちゃんでも飲ませることができます。
赤ちゃんの便秘の原因は食物繊維不足ではなく水分不足であることが多いです。
そのため、ほうじ茶を飲ませてあげれば、水分摂取もできるためかなり重宝します。
また、便秘解消ということ以外にも、ほうじ茶は血中のコレステロールを下げたり、血糖値を下げる働きなども期待できますので、妊娠中毒症の予防としてもおすすめです。
このように便秘だけでなく、いろいろな効果が期待できて値段も安い、ほうじ茶は最近注目されてきているようです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする