下剤には種類がある

下剤には種類がある

下剤と一言で言っても、いくつかの種類があります。体に負担がかかり過ぎないように、自分の便秘の症状にあわせて使用することが大切です。

膨張性下剤は、便に水分を与える効果があり、硬くなった便を柔らかくし、排泄しやすくします。膨張性下剤を飲むときには、水を150から200mlほど飲むようにしましょう。

大腸刺激性下剤は、腸を刺激して働きを活発にさせます。便秘解消効果は高いのですが、習慣化しやすいデメリットもあるので、使用するときには注意が必要です。飲み続けることで効果が薄れているという特徴があるので、長期服用はおすすめできません。また、腹痛などの副作用が出やすい薬でもあります。

浸透圧性下剤は、吸収されない成分でできているため、習慣化しにくいメリットがあります。病院などでもよく処方されている薬です。

そして、浣腸や座薬は、直腸に直接投入することで、腸が刺激され、排便を促します。病院などでも利用されることが多く、即効性が高いものです。このように下剤でも、いろいろな違いがあるので、自分にあった座薬を取り入れることが大切です。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする