下剤を使用するときに気をつけたいこと

下剤を使用するときに気をつけたいこと

便秘を改善してくれる効果がある下剤ですが、もちろんリスクもあります。下剤を使うときに注意することをしっかりと理解しておきましょう。下剤には、ぜん動運動をサポートしたり、便を柔らかくするような働きがあるものがあります。それで便秘を解消できるのですが、下剤を使い続けると習慣化してしまうのです。習慣化というのは、下剤を使わないと便ができなくなってしまうのです。下剤を長期間使い続けるのは良くありません。

また、下剤は強制的に便を排出させるものなので、腸に負担がかかってしまいます。間違った使い方をすることで、腸の粘膜に傷がつき、炎症をおこしてしまう場合もあるので、下剤を使用するときには注意が必要なのです。便を柔らかくするタイプの下剤は、効果の調節ができないため、下痢になりすぎてしまったり、下痢の状態が数日続いてしまうなどがおきてしまうこともあります。腸の働きを低下させてしまう可能性があり、栄養の吸収率が悪くなってしまいます。栄養の吸収率が悪くなると、栄養がそのまま便と一緒に排泄されてしまうので、栄養失調状態におちいってしまう場合もあるので注意が必要です。また、腹痛や嘔吐、めまい、頭痛のような副作用が現れる場合があります。下剤を使用するときには正しい使用方法で取り入れる必要があります。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする