過敏性腸症候群は便秘と下痢を繰り返す

過敏性腸症候群は便秘と下痢を繰り返す

便秘というと、便が硬かったりなかなか便が出ないのですが、いつもは便秘がちなのに、腹痛でトイレに行くと下痢だったなんて事がありませんか?それはもしかしたら、過敏性腸症候群かもしれません。

過敏性腸症候群は、日本人の5人に1人は発症しているといわれています。年齢的には、10代から50代頃と幅広い年齢なのも特徴のひとつです。過敏性腸症候群は、腹痛や腹部の不快感、吐き気などの症状が見られます。また、ガスが発生しやすい、便秘や下痢を繰り返すという症状もあります。過敏性腸症候群にもタイプがあるのですが、このような症状が気になる場合には、病院を受診することをおすすめします。というのも、この症状は大腸がんと共通しているのです。

過敏性腸症候群はストレスが大きく関係しているので、もし病院で異常がなかった場合には、ストレスを解消するようにするなど、原因にあわせて改善していくことが必要です。一度、過敏性腸症候群になった場合にはいつ再発するかわからないので、それもストレスになってしまう場合があります。病院に相談しながら、改善していくようにしましょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする