便の色と考えられる病気

便の色と考えられる病気

便は食べたものなどによっても色が変化しますが、健康的な便というのは、黄褐色のものです。便の色は、健康のバロメーターとなっています。胃腸や消化器官の状態が現れているので、しっかりとチェックをしましょう。

もし、便が黒褐色だった場合、肉が多い食生活をしているのではないでしょうか。また、便秘などで便が腸内に長く滞在している場合には、黒褐色になりやすいようです。ただ、真っ黒な便が出た場合には注意が必要です。その黒色は、出血の場合があります。便に血液が混じっていても、腸内を通る間に時間がたってしまい、血液が参加するので黒に変色し真っ黒な便となるようです。胃や十二指腸からの出血が考えられます。便が赤かった場合、直腸付近での出血が考えられます。緑色の便が出た場合、溶血性黄疸の可能性、灰色の便が出た場合には、閉塞性黄疸の可能性があります。そのほかに、胆嚢結石、胆管結石、癌などもうかがうことができます。

そして便が白かった場合、脂肪分のとりすぎが考えられます。脂肪分をとりすぎたために消化不良を起こし、脂肪便といわれる、脂肪が大量に混ざった便がでるのです。便の状態をチェックし、自分の健康状態もチェックしましょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする