便秘とカリウム

便秘とカリウム

便秘とカリウムというとあまり接点がないように思われますが、実は、カリウムは私たちの体に対して重要な働きをするのです。
もちろん、それは便秘においても変わりありません。
カリウムは、血圧低下などの作用がありますが、そのほかに多くの酵素を活性化させる作用をもっています。
それがまわりまわって筋肉のエネルギー代謝や神経伝達、筋肉の収縮などを補助する作用につながります。
筋肉の収縮は腸においても変わりなく、カリウムが足りないと筋肉の収縮運動が活発に行われず、結果として腸の動きも滞り、便秘気味になるということです。
高血圧気味だったり夏バテ、無気力になってしまうなど、そういった心当たりがある場合は、カリウム不足による便秘と考えたほうがよいでしょう。
カリウムは多くの自然食材に含まれているので、野菜をバランスよくとればカリウム不足を防げるでしょう。
逆に、加工食品ばかりの食生活を送りがちになってしまうと、カリウム不足に陥ることがよくあります。
便秘気味で、先述したカリウム不足による症状に心当たりがあったら、自分の食生活を考えてみましょう。
もしかしたら、そこに便秘解消につながるヒントがあるかもしれません。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする