便秘とマグネシウム

便秘とマグネシウム

マグネシウムと聞くと、まっさきにカルシウムと骨のことを思い浮かべる人は多いはずです。
実は、マグネシウムは骨だけでなく、便秘にも効果的とされています。
マグネシウムが便秘によいとされているのは、体の中に入った時の作用がそれに関係しているためです。
実は下剤としても使われていることもあり、摂り過ぎには注意とされているのですが、しかし便秘対策となるのは確かです。
マグネシウムは、便をやわらかく作用があるため、腸の動きがあまり活発でないときでも便が柔らかくなります。
そのため、便秘対策として効果的とされているのです。
実は、マグネシウムは腸の中の水分を集めてくれるはたらきがあります。
それにより便を柔らかくしてくれるので、排便がしやすくなり、便秘解消!というわけです。
食物繊維のはたらきに似てはいますが、食物繊維とは違って硬水のミネラルウォーターなどから気軽に摂れるのが特徴です。
あまり摂り過ぎると下痢になってしまうことがあるため、サプリメントなどで摂取せず、硬水のミネラルウォーターで代用しましょう。
その他、海藻やアーモンドなどの木の実でもマグネシウムと摂取することができます。
手軽に摂れる栄養素のひとつでもあるので、積極的にマグネシウムを摂取しましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする