便秘には少量の水分を何回も

便秘には少量の水分を何回も

便秘には水を飲むといい、といわれていますが、実は、便秘に効果的な水の飲み方は決まっているのです。
普通にごくごくと飲むのではなく、少しずつ何回かに分けて飲むのが効果的です。
水分を一気に摂り過ぎると、血液のバランスが崩れたり、体内の水分量を調節する腎臓にも負担がかかってしまいます。
しかし摂取する水分が足りなければ、一番最初に便から水分をとってしまうのです。
喉を乾いたら水を飲む、だと、実は少し遅いのです。
喉の渇きを訴えているときは、既に体全体の水分不足状態に等しいためです。
なので、喉が渇くなどといったときでなく、普段からこまめに飲んでおきましょう。
一口二口だけでも、頻繁に飲むといいでしょう。
水分量がしっかり足りていれば、体が乾き、便から水分が吸い取られることもなくなります。
それどころか余裕さえあれば便にも水分が行き届き、便通がよくなるのです。
飲むなら利尿効果のあるカフェインを含まないものがいいでしょう。
飲んだらかたっぱしから尿として出て行ってしまうので、水分補給の面としてはあまりよくありません。
甘いジュースなどは糖分を含んでいるため飲み過ぎてしまうのがネックです。
血糖値の上昇は避けたいので、スポーツドリンクなども避けましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする