腸の水分量と便秘の関係

腸の水分量と便秘の関係

長く便秘が続いたあとに排出された便を見ると、コロコロと小さく固いものが多くなっていると思われます。
それは、便が腸内にある間に水分が奪われてしまっているせいです。
便が固くなるから排出されにくくなるともいえるので、便秘を解消するのに水分はとても重要な役割を果たしているといえます。
成人で1日に必要となる水分摂取量は、体重1キロあたりで40ミリリットルといわれています。
たとえば体重が50キロならば、1日に2リットルの水分が必要です。
水分は食べ物からも摂取できますので、飲料としては1リットルあたりを目安に補給するのがいいとされています。
そして便秘の人の場合は、一度に一気に水分補給をするのではなく、少しずつ何度も行うのが望ましいでしょう。
水分補給したうちの10パーセント程度しか大腸にまで届かないことを考えると、腸に耐えず水分を送るイメージでこまめに補給するのが大切になってきます。
一番効果的だといわれているのが、空腹時の朝に飲む冷水です。
これを飲むことで、腸に蠕動運動が起こり、便意が催すといわれているのです。
しかし、便秘と同時に冷え性も患っている場合は、腸が冷えて余計に働きが鈍くなる恐れもあるので、そういった場合は白湯など温かい飲み物がいいでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする