夕食を早めにすると便秘に良い?

夕食を早めにすると便秘に良い?

ダイエットをする場合には、夕食を早めに摂るのがいいといわれていますが、それは同時に便秘の解消にも効果があります。
それは夕食を早めの時間に摂ると、まだ起きている時間帯に消化や吸収といった働きを胃腸で行えるので、就寝時に腸が便を作り出す働きだけに専念することができるのです。
就寝中に作り出された便は、翌朝目覚めとともに便意として表れるので、これを毎日繰り返すことにより決まった時間に排便を行えるという、便秘解消にとって一番効果的な方法が取れるのです。
朝起きた直後や朝食を食べた後に、大蠕動という強い腸の蠕動運動が起こります。
これが起こることで、腸内の便が肛門の方に押し出されることになります。
蠕動運動は、胃の中に食べ物が入ると起こり、1日に数回はあるといわれています。
その中でも朝に起こるものが一番大きく、便意に直結しているといえるでしょう。
ですので便秘の人は、そのチャンスを逃さないようにしないとなりません。
そのためにも夕食を早めに摂り、胃腸のリズムを一定に保ってあげることが必要なのです。
また夕食時に、便秘解消にいいとされている食物繊維やオリゴ糖の含まれた食材を摂取することで、次の日の排便がよりスムーズに行えることでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする