食べてすぐ寝ると便秘になりがち?

食べてすぐ寝ると便秘になりがち?

食べた直後に就寝するという生活を続けていると、便秘になりやすいといいます。
その理由として挙げられるのは、就寝時に便を作り出す働きをするはずだった腸が、体内にまだ残っている食べ物の栄養素を消化や吸収するといった働きの方を、優先して行うことによります。
食べたものを便に変えて排出しない限り、それは腸内にずっと残ってしまいます。
そして腸内で食べ物の腐敗や、便の水分がなくなって乾燥が進み、便が硬くなって排出しにくくなるという悪循環を催すというわけです。
ですので一般的には、就寝する4時間か5時間前には食事を全て済ませておき、寝ている間に腸で便を作り出す環境を整えるのがいいといわれています。
そして体内にこのような空腹時間を作ることで、モチリンというホルモンが消化管で分泌されはじめます。
このモチリンというホルモン分泌液は、空腹時に腸内で活発に動いて、胃腸内の掃除をし、排便を促してくれるホルモンだといわれています。
よって、就寝前には食べ物を摂取することなく、朝に目が覚めた時に空腹を覚えているのが、一番いい状態だといえるでしょう。
そうすると自然と便意を催し、朝の決まった時間に排出することが可能となるのです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする