夜遅い食事と便秘の関係

夜遅い食事と便秘の関係

1日の摂取内容が同じだとしても、その食事を摂る時間帯によっては、便秘になることがあります。
寝る直前の食事や、夜の遅い時間に食事を摂るのは、太りやすくダイエットに向いてないといいますが、これは便秘にも同じことが当てはまります。
これには、交感神経と副交感神経、自律神経などが関わってきます。
就寝中のリラックスしている間には、副交換神経が活発に働いている時間です。
副交感神経には腸を活発にする働きがあり、本来ならば就寝中というのは明日の朝に排出するための便を作り出す時間となります。
ですが、寝る前や夜遅い時間に食事を摂ると、先にそれらの消化や吸収が行われるために、便を作り出す働きがストップしてしまうのです。
就寝中に便が作られるようにするためには、寝る前にはできるだけ空腹時間を作って、副交感神経が消化や吸収といった働きをしないように注意しなければなりません。
仕事や家庭の事情などで、どうしても夜遅くに食事を摂らなければならない場合は、できるだけその量を減らす努力が必要となるでしょう。
またその食事内容も、油っこいものや脂肪の多いものは控えて、腸の働きを促す食物繊維の入った食材を選ぶようにするのがいいかもしれません。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする