肛門のうっ血と残便感

肛門のうっ血と残便感

毎日お通じがあるのに、トイレに行ったあとでも残便感がある場合には、肛門のうっ血が理由となる場合があります。
肛門は、感覚器としてとても精度高い臓器といわれています。
たとえば便の硬さや太さが分かったり、刺激物を食べ過ぎた後の排便時にヒリヒリとした痛みを覚えることがあります。
このようにとても敏感な肛門であるため、残便感も覚えやすいのだといえます。
肛門のうっ血とは、排便時に息むことによって、直腸が活発に運動した結果、充血を起こすことです。
また肛門のうっ血を繰り返すことによって、いぼ痔になりやすいといわれています。
肛門のうっ血があるまま、便秘で息みを続けていると、いぼ痔が段々大きくなってきます。
そして、肛門のうっ血といぼ痔を繰り返すことによって、症状が悪化するスピードも上がり、残便感が強く出てしまうことになるのです。
肛門のうっ血は、肛門付近の血行不良により起こるといわれています。
ですので、まずは血行をよくするために入浴をするなど、よく温めることが重要です。
またいぼ痔の治療には、生活習慣の改善が一番重要となってきます。
それと市販の痔治療薬を使うのも効果的です。
それでも治らない場合は、ALTA療法と呼ばれる、注射によりいぼ痔の組織を収縮させる治療法を医師に施してもらうのがいいでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする