便秘と血流

便秘と血流

便秘になる要因の1つとして、血流が悪いからというのがあります。
しかしそれと反対に、便秘になったために、なおさら血流が悪くなるということがあります。
人間の消化管というのは、およそ37度で維持されており、これは食物が腐敗する条件と合致しています。
便秘の状態とは、いわば消化管の中に食べ物をずっと残してあることと同じです。
よって、便として体外に排出しない限り、食べた物が体内で腐敗し続けているということになります。
腐敗が進むことによって、食べた物が魚類の場合はヒスタミンが、肉類の場合がニトロソアミンが、有害物質として大量に放出されます。
そしてこれらの有害な物質は、やがて腸壁から吸収されていき、最後には身体中を巡ることとなります。
したがってその有害物質は血液中にも放出され、血の流れが悪くなった上に、血液自体も汚れてしまうことになります。
その結果として、肌荒れ、ニキビ、冷え性、肩こり、倦怠感といった症状が出てくるに留まらず、やがて大きな病気の一因となってしまう恐れもあるのです。
ウイルスや雑菌などは、正常な血液がきちんと流れていると、その場に留まることなく病巣とはなりません。
そういった意味でも、血液の流れをよくすることは、万病に有効な手段だといえるでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする