便秘と一価不飽和脂肪酸の関係

便秘と一価不飽和脂肪酸の関係

便秘のことについて調べていると、一価不飽和脂肪酸という単語を目にすることがあるかと思います。
この一価不飽和脂肪酸とは一体なんなのでしょうか?
一価不飽和脂肪酸は別名オレイン酸ともいわれ、オリーブやナッツ、菜種やアーモンドに含まれています。
不飽和脂肪酸の中でもっとも酸化しにくいとされ、体内に作りにくい物質でもあります。
この一価不飽和脂肪酸、実は便秘によいとされているのです。
一価不飽和脂肪酸には界面活性作用があり、これを摂取したときは、便を柔らかくし、排便を促してくれます。
ダイエット中の方はなるべく油脂を摂らないようにしているかと思いますが、それにより実は便秘が発生していることがあるのです。
一価不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを減らし、胃酸の分泌が少なくなるため、ダイエット中の方でももってこいの油であるかと思います。
酸化されにくいとされているため、体内で過酸化脂質となって累積してしまうことがありません。
そのため、DNAに損傷をきたし、それによりガン化することもないので、発ガンや動脈硬化にともなう生活習慣病の予防・改善ができるのです。
一番代表的とされるのがオリーブオイル。
料理に油を使うときは、このオリーブオイルを使ったものにするといいでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする