便秘にオレイン酸の効果を

便秘にオレイン酸の効果を

便秘で悩んでいる方は、「油はよくない!」などお思いの方は多いかと思います。
しかし、そんな中でも実は、オリーブオイルなどに含まれている「オレイン酸」が便秘によく効くのです。
オレイン酸は、油の中によく含まれている脂肪酸の一種です。
脂肪酸といえばなんだかメタボや成人病などによくない、というイメージですが、このオレイン酸が入っている油は、コレステロールを下げる作用をもっています。
コレステロールを下げるので、動脈硬化にも効果あり。
だからオリーブオイルは健康的、というイメージがあるのでしょう。
すごいところはこれだけではありません。
オレイン酸は大腸を刺激し、便意を促してくれるため、便秘に効果があるのです。
そして、オリーブオイル自体が便の滑りをよくしてくれるため、便通もよくなります。
料理にちょっとかけてみたりするといいかもしれません。
朝に大さじ一杯飲む、など直接の摂取でも構いませんが、苦手な人は料理にかけてみるとまた違った味が楽しめるかもしれません。
納豆にかけてみると粘りや匂いが抑えられるなど、ちょっとした工夫もいいでしょう。
悪玉コレステロールを減らしたり、脂肪を燃焼させる効果があるオリーブオイル。
しかし、摂り過ぎはエネルギー過剰になるので、一日大さじ一杯くらいを目安に摂ってみると、もしかしたら改善するかもしれません。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする