柑橘類で便秘対策

柑橘類で便秘対策

子供の頃、オレンジジュースなどの柑橘系のジュースを飲みすぎて下痢になってしまったことはありませんか?
実はこういった柑橘系の果汁は、腸の動きを活発化させ、ゆるい便を作り出す作用があります。
そのため、飲み過ぎると下痢になってしまったりするのです。
しかしこういったものをうまく利用できれば、便秘対策にもなります。
柑橘類の果汁には、糖類が含まれています。
この糖類は腸内の善玉菌を活性化させるはたらきがあるので、その結果、腸の動きが活発になり、便秘がしにくくなります。
さらに、柑橘類は果汁だけでなく、果肉をつつむ袋状の皮にも便秘対策の秘密があります。
あの皮をむいて捨てている方も多いのではないでしょうか。
みかんなどに代表されるあの白い皮は、食物繊維でできています。
特に、みかんの皮についている白っぽい筋は「グアーガム」という水溶性食物繊維なのです。
柑橘類の酸味は腸を刺激し、さらに活発化させてくれます。
果汁は浸透圧が高いため、腸壁から水分を出し、便の流れもよくなっていきます。
だから、柑橘類は便秘対策にいいとされていると同時に、摂りすぎると下痢になってしまうんですね。
下痢の時には摂らないようにして、毎日一個だけでも食べると、おなかの調子がよくなること間違いなしです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする