干ししいたけで便秘対策

干ししいたけで便秘対策

便秘対策としてたくさんの野菜が挙げられる中、たくさんあるキノコの中でも食物繊維を多量に含むものがあります。
それは、しいたけ…ではなく、干ししいたけです。
生のしいたけではなく干ししいたけ、というところで皆さんは「なぜ?」と疑問に思うでしょう。
しかし、こういった乾物類は、生のそれよりも栄養価がアップすることが多いのです。
実は、生のしいたけが100gある中、食物繊維は3.5gにしかなりません。
しかし、同じ量の干ししいたけになると41.0gと、約12倍にもなるのです。
この干ししいたけの食物繊維は他のキノコの中でもずば抜けて多くなっています。
エリンギやえのき、まいたけにも食物繊維は入っていますが、いずれも生のしいたけとさして変わりがありません。
干ししいたけ一枚分だけ見ても4.1gもの食物繊維が入っています。
こちらの干ししいたけは食事に入れやすいので、食物繊維を気軽に摂れる食材といえるでしょう。
刻んで肉団子に混ぜたり、お吸い物に入れたり…様々な用途に使える干ししいたけ。
普通にしいたけを食べるよりも干ししいたけのほうが栄養価が高いので、一手間加えて料理に加えてみてはいかがでしょうか。
食感をとるなら生のしいたけのほうがよいのですが、干ししいたけも1回試してみると、料理のレパートリーも、一日に摂れる栄養も変わるでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする