ライ麦で便秘対策

ライ麦で便秘対策

ライ麦を使った食品は、日本ではあまり馴染みがないのですが、実は便秘対策に役立ち、健康と美容を保つために優れた効果を持ちます。
ライ麦とはイネ科植物の名前で、食用もしくは資料用としてヨーロッパ、北アメリカで栽培されています。
ヨーロッパの寒冷な気候、痩せた土壌に適用し、中央ヨーロッパから東ヨーロッパにかけて盛んに栽培されてきました。
当然日本入ってきたのは最近であり、馴染みがないのも無理はありません。
特にドイツでは盛んに食べられており、ライ麦パンとして名前が知られています。
食べてみるとやや酸味があり、歯応えがある食感が特徴的で、最初は食べづらく感じてしまうかもしれません。
ライ麦にはビタミンB1、食物繊維が豊富に含まれており、整腸、抗ガン、循環器疾患抑制が期待できます。
特に便秘を改善する効果に優れており、腹持ちが良いことからダイエットに使えます。
野菜サラダや野菜スープと一緒に食べることで、食べ応えのある食事が可能となります。
食パンと比べてどっしりと重たい感覚がして、栄養が詰まっていると感じさせてくれることでしょう。
また単に水溶性と不溶性、両方の食物繊維がバランスよく含まれていることから、便秘を健康的に改善する効果があるのです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする