いんげん豆で便秘対策

いんげん豆で便秘対策

いんげん豆で便秘対策が出来るのは、便秘の中でも痙攣性便秘の場合が当てはまります。
便秘には機能性便秘と器質性便秘の2種類があり、痙攣性便秘は機能性便秘の症状のひとつとされています。
機能性便秘は名前のとおり大腸の運動機能の低下が原因とされる便秘のことで、痙攣性便秘の場合は自律神経の異常が原因と言われています。
痙攣性便秘の対策として、出来るだけ食物繊維が多い食品、タンパク質が多い食品をたくさん摂取することがお勧めです。
こうすることで脂肪分が少ないメニューを食べることになるため、自然に便秘が改善されていくのです。
特に白いいんげん豆は、ファビノールという成分を含んでおり、様々な効果効能が期待されている有能な食品です
また食物繊維が大変豊富で、豆類の中でもトップクラスに食物繊維が豊富な豆です。
具体的にはごぼうの5倍、さつまいもの10倍ほどの食物繊維が含まれており、ごぼうやさつまいもを食べたことがあれば感覚として分かるはずです。
お勧めはインゲン豆のポタージュスープというメニューで、便秘対策のほかに大腸がんの予防効果があります。
いんげん豆の食物繊維と有効成分を無駄にせず、すべて摂取することができるでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする